DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

■ YouTubeで学ぶ抑圧的人物

稲盛和夫が直言「伸びる人、立派になる人、いらない人」【1】:PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/11222


稲盛和夫が直言「伸びる人、立派になる人、いらない人」【2】:PRESIDENT Online - プレジデント
http://president.jp/articles/-/11224




いなもりさんの記事ゲットー

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       .∩∧,,∧           (´´
     ,,,,,,,,,,ミ゚Д゚,,彡        (´⌒(´
   ど,,,,      ,,,,,二⊃≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      ~''(,,,,,づ゙゙  (´⌒(´⌒;;
    ズザーーーーーッ!!


>私は、経営者という者は企業のリーダーとして「人間としてまず何が正しいのか」
>ということを判断基準にしなければならないと考えています。

いやー、いきなりの直言、すばらしい言葉ですね。

わたくし、ビジネスマンとして、
最近は銀行の中でシコシコExcelVBAなどやっておるんですが

ここだけじゃなくて、いろんな仕事場をみてきました。

フリーランスでIT技術者なんかしておりますと、いろんな仕事場で仕事することになります。

フリーランスとか外注とかって、もろ傭兵みたいなものなので
一番死にやすいポジションに配置されるし、
一番切り捨てられやすいポジションに配置されるんですよね。

実際、すぐ切り捨てられたり。
プログラミング技術の有無だけではない、
ビジネス上のいろんな都合で仕事が終わったりします。

そういうとき、問題ない時と、問題ある時があります。


理不尽すぎる扱いをされると、「あいつが悪い!」と文句をいいたくなることもありますが、

そういう立場で仕事している人生を選んだのは、誰か。

というと

「自分」

なので、

全て自分の責任として引き受けなければなりません...よね。

リスクありまくりっす。1年後どころか、
2ヶ月3ヶ月先の仕事が見えないというのは、当たり前です。

なかなか心理的に大変。ということを、とっても学ぶ事ができるのは、ありがたいこと。
自分で社長してビジネスを切り盛りしている人達は、私よりももっと心理的に苦しい時も
あるでしょうから、本当に偉いと思います。

独立とかそういうのは、
苦しい事を学びたい人には、お勧めですが、心を病みそうな人にはお勧めしないっす。



さてさて、それはともかく、

そういう理不尽な事が起きるのは、全て、基本的に人が理由です。
リーマンショックが理由ではありません。不景気が理由でもありません。
全て、仕事を左右するような決断は人がするのですから、全て人が理由です。

モリさんのおっしゃるとおり、
「人間としてまず何が正しいのか」
を分かってくださる人ばかりでしたら、そりゃあんた、仕事がなくなる時には
1ヶ月くらい前には、次の仕事を探す時間を確保してくれるようにしてくれます。

だれだってそうしますし、あなたがまともな人なら、他の人に対してそうするでしょう?

例えば、仕事を依頼する時でも、能力を見抜くにしたって、
ある程度仕事の指示をして覚えさせ、仕事が出来るかどうかしてから
能力の判断などしますよね。

何も仕事の指示をしなくて、
プログラミングの知識じゃなくて、そのプロジェクト独特の知識について
教える事もなく、「あんたは仕事が遅い」とか言うのは、おかしいですよね。


そういうなんだか変な事に巻き込まれた時、
なんだか変な人物が私の人生に関係してきています。

「自分たちが金を払ってやっているんだから何してもいい」
という意識で、時折、お客様企業さんの社員さんから、
かなり、底辺的な扱いをされる場合があります。


おまえ個人じゃなくて、おまえの会社と契約しているだけだ。
と、罵倒したくなる時は、、、、、ないこともないのですが、私、いい大人なので、
そういう事はしません。(偉いね。俺。自分で自分をほめてあげたい)


はっきりいって、「人間としてまず何が正しいのか」を分かっていない方々はかなりの数おられます。
みなさん、会ったことないですか?ほんとうに?

なんなら、紹介しましょうか?
「あの会社のあの部署の、あいつは、本当に気が狂っているから、あなたも見てくるとよい。」

私は結構な数の人をご紹介できます。本当に自信をもって紹介できる、極めつけのヤツがいろいろいました。

あ、だからって喫茶店に呼び出したりはできないですよ。
そういう人を知っているだけで、全くもって、お友達ではなく、もはやコミュニケーションをとらないので。


さて、そんなわけで、

「人間としてまず何が正しいのか。全くわかっていない人と仕事をせざるおえない」

という状況が結構な頻度で発生します。

自分の上司や、自分の同僚には刃向かわないけれども、
自分の部下や、自分が指示を出せる外注には攻撃する。

このような人物が少なからずいることを、私はよく知っています。
みなさんにも知っておいていただきたいところです。

人と協力してやっていこう。という社会の基本となる考え方の真逆をいく
『反社会的性格者』と呼ばれる人物は、実際には存在します。

またの呼び方を『抑圧的人物』ともいいます。

ドラマなどでは悪役として登場しますが、現実にも存在します。

いじめを引き起こす人間や、相手を追い込んで破滅させるような狂った人物。
twitterで、人の名前を語って悪評を垂れ流すような変な人。

いますよね?



そういう人には、どうしても、
『やられたら、倍返しだ!』
と、いう衝動に駆られてしまいます。

でも、実際には倍返しできないですよね。なかなか。

私みたいな、人がいい人ほど、人を攻撃したりはできないものですし、
そもそも、私なんてチキンハートですから、
体育館裏に人を呼び出して、そいつの太ももをひざで蹴るとか、そういう事できませんよ。俺は。

そんでもって、遠慮無く倍返しできるような立場なら、そもそも攻撃を受ける事もないでしょう。


私の場合、そういう場合の処理方法を、なんとかトロジーでかなり学んでいるので
最近は、相当上手に処理できるようになりました。

入門はこちらでどうぞですよ。


▶ 抑圧の原因:サイエントロジー 人生のための技能 - YouTube
http://youtu.be/sBh_-0AXzqU





そんでもって、こんな動画もあります。


しあわせへの道 21 栄え、そして成功しましょう
http://jp.thewaytohappiness.org/#/excerpt/videos/twth-film-precept-21



そういえば、稲盛さんは、ずっと前からこちらの書籍、しあわせへの道に推薦文をくれているですね。



しあわせへの道には、他にも、
19 あなたがしてほしくないことをほかの人にしないようにしましょう。

20 あなたがほかの人から接してもらいたいように、ほかの人に接するようにしましょう。
http://jp.thewaytohappiness.org/#/excerpt/videos/twth-film-precept-20



とかの教訓があります。


「殴られたら、倍、殴り返しだ。」という気持ちは、すっげーわかります。
俺も何度も何度もそう思った時はありました。
(不治痛とか医療とか放射線系とか不治痛とかで。)

でも、そしたら恨みを買って、また抑圧されるし
ギスギスしてその仕事を続けられなくなるかもしれません。

会社に報告されて立場をいろいろ失うかもしれませんね。
本当に悪い奴らは、仕事での立場を守られつつ、
かみついた、まともな人が、追いやられる。

そんな世の中、悲しいものです。


そういうヤツと離れるために、
「じゃ、来月から、取引終了させていただきます。」
と、言いやすいのなら、大丈夫かもしれませんが、
みんながみんなそんな環境ではないです。

「人間としてまず何が正しいのか。全くわかっていない人と仕事をせざるおえない」
のが、自分の上司とか、そういうのだと、ほんと苦しいですよね。

そういう、方、私が見てきた一緒に仕事してきた現場の、
他の外注さん仲間や、やっかいな人の部下の方々。
本当に、こころからお悔やみ申し上げたいっす。

みなさま。「抑圧的な人物」にはお気を付けください。

「人間としてまず何が正しいのか」という事をわかった人がリーダーに立つべきだし
そういう人と協力して互いによい仕事をしていきましょう。

そして、
「人間としてまず何もかも間違っている」という方を、自分の身の回りから取り除く事をお勧めします。(そういう人は実際に存在するのですから)

そうしないと、例えば家庭内暴力を受けたりとか、いじめ自殺してしまったりとか、いじめられてうつ病で精神病送りにさせられたりとか。
引っ越しおばさん騒動とか、

そういう厄介ごとに巻き込まれるかもしれないのですから。



 ∩ ∩
 ミ ゙''゙~    
 ミ∧,,∧   
 ミ,,゚Д゚彡   あなたの、ビジネスと人生に
 U U    幸運を。

スポンサーサイト

| 未分類 | 21:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。