DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イマイチなプロジェクトの平均より下の開発を見て大企業の(中の人)腐敗臭を味わってみた

タイトルを考えて書いてみてたら、苦いものが口の中に広がってきました。
人生って苦いですね。

苦い物を苦いと言えずにあきらめていくのが、大人になるってことなんでしょうか。


ということで、タイトルをインスパイアさせてもらっている、このページが最近大人気のようですよ。

終わるSIerの底辺を見てきた - ミッションたぶんPossible
http://d.hatena.ne.jp/takigawa401/touch/20120330/1333101469


>「SIerは滅びる」「受託開発に未来はない」


   ∧,,∧∩  /
  ミ,,゚Д゚彡<  はいはいはい!
_ ミ    ミ   \
\,,∪  ̄ ̄ ̄\ 
||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||"
 ...|| ̄ ̄ ̄ ̄||



早く滅びて欲しいです!



多数のSIerが滅びていただければ、俺に仕事ががっつり入って、
需要と供給のバランスからいって、おれが高値で仕事にひっぱりだこで・・・

なんていう幸せな未来を描いたりしますが、妄想ですか?妄想だよな。



>「SIerは滅びる」「受託開発に未来はない」

のページや、SIer勉強会の関連のWEBページで、相変わらず、
へたれなProject運営がされている実態や
まだ、「上流」「下流」という話が出ているんだ、という驚きも覚えます。
「上流」「下流」とか区分けしている時点で、戦いに負けているような気がします。

日本のソフトウェア業界が、米国や諸外国に永久に敗北しつづけていると思われるわけですが、敗北者のやり方を真似た所で、なんか意味があるのかと、ついつい思ってしまいつつ、

そんな、私もいま、糞プロジェクトに巻き込まれているっぽい感じなのですよ。
ああ、情けなくて、悲しいかな、エレガント仕事からは、ほんとうにほど遠い仕事になってしまっています。


>終わるSIerの底辺を見てきた
のページからリンクされている、

アプレッソの小野 和俊さんのブログの人気記事にもあるとおり

小野和俊のブログ:メンテナビリティの高いソースコードを目指して
http://blog.livedoor.jp/lalha/archives/50435614.html



誰も褒めてくれないから、自分で褒めますが

だいぶ昔から俺もオープンソースで公開するくらい、
(いまとなっては、古くさくて手元のコードは、そこからリファクタリングしまくっているのもあるんですけどね)
数々の、仕事を、結構高い技術で乗り越えてきたつもりなんですが、


開発のプロではあるのですが、仕事のプロ、にはなりきれないくらいの
様々な政治的な困難さというのは、どこのプロジェクトにもつきまといますな。


ヤサグレた時は分裂勘違いくん劇場でも見て、心を落ち着かせますかね。

みんな苦しんでいるんだなー、とか思ってみちゃったり。

分裂勘違い君劇場
http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/

更新されなくなってしまったみたいだけど、劇場の中の人はどこにいったのだろうか。

とても有効な情報が盛りだくさんなので、本でも出してくれてたら買うのにな。



スポンサーサイト

| 未分類 | 12:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。