DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精神と時の部屋で修行してました。



     ∧,,∧       
     ミ,, ゚Д゚彡     
     〃つ_つ/  ̄ ̄ ̄/
   ~ミ,,, ,,|\ ./シンクパド/
       '\/.======./
           ̄ ̄ ̄


次回の予告を無視して、全然別の話題。


並の開発者というかちょっと上級の開発者なら
エクセル男子とか、パワポ部長とか、遙かに超えた所にいると思うのですが、あんまり仕事と人生はうまくいきませんが、みなさん何を求めてアビバに....

学んで使いこなせば、いい人生が送れると思っているんでしょうが、それは妄想じゃないのかな。

「教えられる」という受け身では、あまり物事は身につかず、「自分で学ぶ」という攻めの姿勢こそが、学ぶべきところではないかと、、、、

まあ、いいや。


さて、こんにちは。
そういえば、ろくにブログも書かずに数ヶ月。何をしていたかといいますと、
精神と時の部屋で修行していた・・・

わけではないんですが、なかなかハードな仕事をしておりました。


俺は医療SEなんですが・・・


医療SEの仕事の技術的分野としてはトップクラスじゃないかな。
そういうお仕事をしばらくしておりました。

※『ただ、月の単価金額はずいぶん高くないけどな!』


自分の仕事の同業社のページだと、こういうところがあります。

俺がやった仕事じゃないので、勝手に紹介ですよ。

・株式会社AZE ホームページ
http://www.aze.co.jp/
http://www.aze.co.jp/gallery_clinical_movie/



・Ziosoft | ザイオソフト
http://www.zio.co.jp/
http://www.zio.co.jp/gallery/index.html


AZE社のほうは、かなりど派手だよなあ。見事なアピール。

ザイオの方は老舗といえるかな。
10年前にも、同様の医療3Dを扱うソフトを作った事があるんですが(簡易的なものですよ)、そのときから、トップ独走ですよね。


こんなのと同種のソフトを作っています。

三次元のソフトは、Delphiで使えるGLSceneを使った開発である程度学んでいたのですが、もっともっと勉強できました。

ようやく、ポリゴンってのがどうして三角形から成り立ってるっぽい事がわかり、そいつの位置変換が4x4の行列演算で制御できること。そんでもって、OpenGL系の行列と.NET系の行列があって、こいつらの演算をまぜこぜに考えると大変なこと。
行列の演算順番が関係すること。
A・Bの転置行列はB転置・A転置の順番になること、

回転行列の逆行列は転置になること。
逆行列を求めてかけることで、変換前のベクトルが取得できること

視点のOrthoとPerspectiveがあること。
その描画平面を得るのも、行列演算で出来ることなどなどなどなどなどなどなどなど。

血反吐が出るかと思いましたが、かなり高度なことを学ばせてもらいました。


参考までに・・・よく読んでたページ
・[3D] リアルタイム3Dプログラミング01 - こっけーぶろぐ
http://blog.delta50.net/2008/10/realtime-3d-programing01.html
回転の行列演算が載っている

・[3D][Astro] 3Dの移動/回転を行列(Matrix3D)を使ってやる - いそっちノート
http://blog.isocchi.com/2008/11/3dastro-3dmatrix3d.html
2Dの回転変換はこちらで知ることができる。
実際にブラウザ上で動作するフラッシュを見ることができる

・回転行列、拡大縮小行列、平行移動行列(三次元座標の場合) | イメージングソリューション
http://imagingsolution.net/math/rotation-scaling-translation-3d-matrix/
各軸回転、並行移動、拡大縮小の行列を見ることができる。
OpenGL.系とNET系との行列演算の違いも理解できやすい

・OpenGL04_視野のセッティング
http://homepage3.nifty.com/li-chu/OpenGL/OpenGL04.html
3D空間カメラのOrthoとPerspectiveの違いについてわかる



クウォータニオンってのは、まだよくわかんないな。
たぶん、言葉の定義がわかってないだけで、実装上は使っていると思います。

当たり前だけど、Delphi FireMonkeyじゃなくって・・・
WPF VB.NETで実装なんですけどね。
無名メソッド、バックグランドワーカースレッド、パラレルループになんでもこいって所ですよ。

プロパティバインディングはほとんど学べなかったですな。WPFなのにレガシーコーディングになってしまいました。
MVVMモデルって、ひょっとして、GUIスレッドと内部処理を分離するのにかなり使えたりするんでしょうか?

ListBoxに何万件と項目があっても、MVVMで管理しておくとGUIがサクサク動くようになるのかな?
そのあたりの応用をもうちょっと勉強したかった気がします。
でも、プロパティバインディング・・・可読性落ちすぎ、、だよね。


と、まあ、結構な修行を積む事ができました。
業務アプリ屋として、こういう技術を学ぶことができて、いい経験でしたよ。


それにしても、AZEとZio
自分も精神と時の部屋で修行したつもりですが、ここまでのレンダリングや様々な色や部位設定制御はとてもじゃないけど、制御しきれないっす。すばらしい生産物だ。自分の理解をだいぶ超えているのでめまいがします。

これとは似てるけど、俺の関わっているプロジェクトは、まだまだ、大人と子供な感じ。

医療システムの1モジュールなので、ご紹介している単独3D画像診断ソフトの技術までは、到底おいついてないし、顧客も求めていない様子。顧客って医師なのか技師なのか、はたまたメーカーなのかってところがあるけど、なんにせよここまでは求めていないというか、出来ないというか。


その手のソフトを作りこんだので、すごくよくわかります
すさまじく、研磨された技術でこの3D画像診断ソフトを作っていらっしゃる方がいるということ、すごいよ。憧れる。

どんな人が働いているんだろう。
日本でも、まともな開発って行われているんですね。
よかったわ。日本の開発はゲームやWEBは除いて、SIヤーとか、業務系は大半がダメ成果物しか出していないのかと思っていたのだけど、まともな所もあるってことですよね。。


生産物を見れば、そこの仕事のすばらしさが想像できます。
まともにものを作ろうと努力する人が何人もいて、そういう人がしっかり作るからこそ、そしてそういう人がちゃんと働けるように正しくコントロールする上司、管理者がいるからこそ、よい成果物が、ここまで発展してきたんでしょうな。


スポンサーサイト

| 未分類 | 12:56 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Zioのページ、記事書いたとたんに、ページフルリニューアルのお知らせかよ・・・

スクリーンショットとか、どこで見れるんだろう?

| Delフサギコ | 2012/04/05 12:58 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。