DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犠牲者は俺だけではなかった。


  ∧,,∧ 
  ミ,, ゚Дミ ギセイシャ ハ
 ミ  ∪  
 ,と,,と,,,)  オレダケ ジャナカッタ


Visual Source Safeを使用するのは狂気の沙汰 - 神様なんて信じない僕らのために
http://d.hatena.ne.jp/Isoparametric/20100214/1266117253

TFS 糞で検索しているとみつけました。
VSSは確かにTFSよりも糞ですが、継承した(かどうかしらんが)TFSの糞っぷりも似たようなものです。

でも、スポンサーの御威光で下記のような記事が出てくるわけです。

俺が誌ねと思うのは、このような意見で真実が捻じ曲げられているのを見る時。


マスマーケットに狙いを定めるMSの「Team Foundation Server」 (2/2) - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0604/18/news057_2.html


> 「われわれはこれらの多数のツールを自社で管理する苦労から解放されるために、Microsoftのツールを使いたいと思った。同社のツールを利用することにより、当社のソフトウェア工場の構成、セットアップ、調整に斬新な手法を採用できるようになり、またユニットテストの作成、実施やデイリービルドの実行に役立つコモディティツールを探す必要もなくなった」(デブリース氏)

おまえ、絶対、自分で開発してねーだろ。ってつっこみ入れたくなります。

マスマーケット製品は、実際に使う人が製品評価せず、経営者がバカで糞製品であっても売れるから、そのマーケティングを狙っていくという、記事なんですかね。

消費者をなめきってますね。
まあ、TFSを導入する企業体としての消費者は、なめられても仕方ない程度の観察眼しかないので、どうでもいい話か。


そして、こんな方がこんな記事を書く時。

Team Foundation Server 2010 を使ってソース管理 - マイクロソフトのディベロッパー製品で楽しむ方法 - Site Home - MSDN Blogs
マイクロソフトのディベロッパー製品開発統括部でプロジェクトマネージメントの仕事をしております山田昌良のBlogです。
http://blogs.msdn.com/b/myamada/archive/2010/06/10/team-foundation-server-2010-and-source-source-control.aspx
> 前の前の記事で紹介しましたように、Team Foundation Server 2010 (以下TFS2010) の導入は非常に簡単です。
> そして、TFS2010の機能の中で最も手軽ながら最も有益な使い道は、ソースコード管理ではないかと思います。
>
> 自分で作成したプログラムのソースコードの変更履歴などを簡単にたどることができ、例えばプログラムをいろいろ変更しているうちにおかしくなってしまった、というような場合でも、「上手く動いていた時の状態に逆戻り」することが簡単にできます。
> また、別の開発用マシンで作業の再開をする場合などにも便利ですし、違うバージョンのアプリケーションを開発するためにソースコードの分岐をしたりといったことも可能です。

やれやれ。
他のプロジェクト、というかSubVersionなら、もっとはるかに簡単ではるかに手軽です。


ほかにもTFS記事はありますが...
これは、TFSを推奨しているのだろうか...

Team Foundation Server 2010を導入しよう - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/introtfs/introtfs01/introtfs01_02.html
WINGSプロジェクト りばてぃ(監修:山田 祥寛)

第2回 Team Foundation ServerによるTeam System運用の実際 - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/teamsys/teamsys_02/teamsys_02_01.html
日立システムアンドサービス 酒井 達明
Microsoft MVP for Solutions Architect(Jan 06 ~ Dec 06)
2006/04/08

テクニカルライターとして、どういう立場なのかどうかしりませんが、
提灯記事を書かなきゃいけない事情とか、そういうの含めても
TFSなんていう、糞プロジェクトを人に紹介する記事を書くという、汚れ仕事を受けるのは
俺なら絶対に拒否します。

自分の仕事に誇りが持てなくなるから。



最初の記事の紹介にあるとおり
>俺はVSSを使用しようというプログラマを信用しない。

TFSも同じです。
エンタープライズだから。MSだから。と、いう権威主義的な視点で、本当の物事を見ることができなくなった
愚者の仲間入りはしたくないです。


MSDN マガジン: アジャイル開発 - TFS 2010 でアジャイルを味方につける
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/hh205635.aspx

「アジャイル」という単語まで拾ってきて、こんな記事まで出てくるんだから、もうどうしたらいいものかと。

アジャイル開発をやろうという有能と思われるソフトウェアチームのメンバーが、どのような紆余曲折があったらTFSを選択するのか教えてほしい。チームメンバーは白痴ぞろいかよ!

記事にはこんなのが書いてあります。
> 自身の役に立でば他人にも役立つ
> 今回独特のソフトウェア チームを編成したわけではありません。ビジネス価値に直接つながる最高品質のソフトウェアを開発することを目指す若いチームに過ぎません。このチームには 3 年以上の在籍者はいません。既に述べたように、マイクロソフトは悪戦苦闘の最中でした。

今も御社の出した屑製品と悪戦苦闘している消費者のことについて、もっと考えてもらいたい。


とにかく、何らかの理由(TFSのプロキシだかなんだかどこかの設定か?)で俺のPCでだけ、低速すぎるみたい。
セキュリティソフト全OFFだけれども、やはり低速。

低速さがなくなれば、50%くらいはましかもしれない。

SubVersion使いたい・・・
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:46 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

Symantecも、相変わらずだめだめ。

詳細までわかりましたが

低速さはSymantec Endpoint Protection のネットワーク脅威防止機能をOFFにすることで解決しました。

相性悪いのね。

そして、Endpoint Protection のネットワーク脅威防止機能をスタートアップ時にOFFにする設定がないという、Symantecの糞っぷりにも笑いが出てしまいます。

仕事現場のソフトのインストールを勝手に変えるわけにもいかず、手動でOFFしてます。

競合他社がいろいろあるのに、Symantecを選ぶというあたりも、効率が悪いというかなんというか・・・

| Delフサ | 2012/03/30 10:21 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。