DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スピードイズ


  ∧,,∧∩ 
 ミ,,゚Д゚彡
 ミ つ旦.ミ  
いよっほい。
おはよう。


今日はこんな記事をみつけたよ。

[Analysis]Chromeはなぜ速いのか
http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200812/22/chrome.html


これは、RemObjectsのクロームの話じゃなくって、
ググールさんのクロームですね。
サファリ4リリースのニュースからたどってみたニュースです。

これはGoogleChromeがいかに速度にこだわって
実装をすすめているか。そこのユーザーニーズが隠されていますが
ものすごいかが書かれています。

Delphiの思想にも通じるものがありますよね。
Delphiは、業界随一のコンパイル速度ですが、その速度が

"非常に重要"であると、認識しているユーザーは、おそらく少ないでしょう。
たとえ認識していたとしても、メーカーに対して
コンパイラ改良時の要望として
"機能UP!"よりも、"コンパイル速度!"を求めて主張する人は
これまた更に少なくなるはずです。

ですが、コンパイル速度が
時期Delphiのフロントエンド、バックエンドの切り分け改良によって
コンパイル速度が遅くなることは、いきなりのユーザー離れを起こすでしょう。


そういえば、過去をたどると
そもそも、IDEが.NET化されRADStudio化してから急速に
Delphiの評価が下がり、VerUpしないユーザーがでてきます。
(D7までは、過半数のユーザーはVerUpしており、
 それ以外の人も偶数Version、もしくは奇数VersionでVerUpしてました)

D2005の遅さと、時々落ちるIDEにはさすがに辟易しました。
D2006>>D2007、と速度は改善し

D2009でインストール速度までも改善したらしいので
(ごめん、俺、まだもってません)
RadStudioの評判は元に戻ってきた気がします。


D2007でのコンパイルは
単にMSBuildになっただけでも、若干遅延が起きている気がしてなりません。
そんな気がすると、解除したくてたまらない気分になってきます。
MSBuildを解除する手法をあみだしている方もそういえばいたと思います。


ユーザーの心を、わし掴みにするのは、
それはRADやDelphi、Object Pascalによる開発効率さからくる
開発スピードであり、
Delphi コンパイラのコンパイルスピード。
そこに大きなウェイトがあることに気がつかされます。

今後のロードマップやアナウンスから類推すると
コンパイラにはフロントエンド、バックエンドによって
新しい構文がより楽に採用され、x64系やMacやLinux系も視野に入っている
....ような感じもします。
(おっと、クロスカイリックス思想はコンパイラバックエンド開発に引き継がれていたりも
 するかどうかは今後のお楽しみですな)

古い言語仕様を捨てつつ新しい機能を実装もいいですし
古い言語仕様を捨て、もっと早いコンパイル速度、
並列バックグラウンドコンパイルなど、
面白く素晴らしい機能が実装されていくこと期待しておきます。


そういえば、RemObjectのChromeという名称は
Google がブラウザに採用するときのタイミングで
RemObject Oxygeneという名称に変わったんですが、
これは商標を譲ったりしたのかしらね?

スポンサーサイト

| 未分類 | 11:15 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

ということで、フロントエンドとバックエンドの切り分けられたとしても、コンパイル速度は犠牲にならないで欲しいざます。

旧構文捨て、新規構文コンパイラはいままでより早くなったりしたら、それはとてもすごいかと。あと、バックエンドはスレッド別にしたりすると、応答速度がはやくなったりして素敵。

| ミ・д・彡 | 2009/02/26 19:41 | URL | ≫ EDIT

Delphiが、C++Builderのように、コンパイルが遅くなったら使いたくなくなります。

僕の希望優先度は、
昔のコードがそのまま使える>コンパイル速度>クロス開発>>>新しい構文
です。

いまだに、Del7ユーザーが多いと言うところからして、少数派ではないようなきがしますが。

| あだち | 2009/03/01 12:47 | URL | ≫ EDIT

そうですよね。

DelphiのパフォーマンスをDelphiで改善:エンバカデロの製品戦略
http://builder.japan.zdnet.com/news/story/0,3800079086,20381582-2,00.htm

こういう記事もありますが、エンバカデロCodeGearは高速化については
しっかりやっているようです。エンジニアとして
やりやすい環境になっているのでスピードをないがしろにはしないでしょう。

記事によると、C++Builderも高速化されているんでしょうかね。

クロス開発。については
DelphiPrismではgtk#という
プロジェクトがあるので、実現できているようです。

http://www.infoq.com/jp/news/2008/12/Delphi-Prism
Cocoaまで対応しているらしい。


けっこう、慣れてしまえば私はD7にはもう戻れない感じですが
D2005や2006当時はRADStudioの遅さが気になりました。
遅いということは、VerUpを妨げてしまうんですよね。

そんなIDEも十分高速化してきました。

そして、昔から、ちゃんと実現していた。
Delphiコンパイラの異常な速度、ありがたく使わせてもらいましょう。

| ミ・д・彡 | 2009/03/03 17:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。