DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

げんなり


  ∧,,∧   
  ミ,,  彡 
 ミ   ∪
 ミ~,, ミ
  ∪ ∪


久しぶりに About Delphi Delphi Tips をみました。

いや、実は昔、漏れここにも記事投稿してた事があったんですよ。

んでもって、漏れより経験豊富な方から
"あのテクは違う、このテクはこうの方がいい"とかで
漏れはそれに納得のいかない部分があって
役立つテクニックとして自分の思いを伝えるトコに譲れない部分があり

※当時は漏れも若かった。。。そして苦かった。。。
※いまじゃ何も嫌な気持ちはありませんよ。
※※あ、、、苦いのは今もか、、、

その時、心底思いました。


「ああテクニックサイトとかは自前で作らないとホントダメだ!」

そう。どこのWikiでもあるような更新合戦をWikiが登場する前から経験してみました。
だからって偉いことは何もないんですけどね。

さて、その共同更新ですが、そこには譲り合いの精神も必要だし。
だけれども、自分の伝えたい思い・独自性などが入ってくるわけで
主張したい何か、ってのはありますよね。

そういう意味で著作権ってのの基本が存在しているんだと思います。

結局の所、WikiPediaにしてもDelWikiにしても
更新していく人のやる気、ってものが続かないとだめなわけです。

「多くの人に見てもらえる」というやる気を起こすプラス要因が動いて
みんなで更新していけるわけですが

「人に勝手に上書きされて、自分の主張を押しつぶされた」
って、感じになると書き手は嫌になりますよね。
そりゃもう、もっのすごく。自分が全否定された気持ちで嫌に。

同じくWikiを編集していく人は仲間なんだから仲間に対して
こんな風に思わせてしまうのもつらいし。

だからといって、相手の主張を全て許容して
自分の意見を譲らなきゃいけない筋合いもありません。

※ブログのコメントでも俺の主張と異なった意見の方もおられます。
 もちろん意見は聞きますが、それはその人の意見
 私の意見を書き換える必要もないわけです。

今思えば、上級者とか初心者、中級者とか、全く関係ありませんでした。

そう。
上級者でもわけのわからない事を言ってくる人も中にはいるわけです。
※別に今、読んでいる"あなた"の事を言っているんじゃないですよ(w
 もし自分のことを言われていると思うのなら
 たぶん、あなたのことを言っているんじゃないっす。


まあ、そんなこんなを、AboutDelphiの楽しくない経験をしつつも、

「喉元過ぎれば熱さ忘れる。」ってやつですか。
やっぱり、何かテクニックを書きたくて
旧DelWikiの記事もけっこう投稿しちゃったんですよね。
そしたらその後、見事に、サイト全滅…

なんの理由だかわからなくて、俺が少し目を離していた時に
誰かと誰か(全然わからなかった)がもめていたらしく
管理人さんが嫌になったようでした。
誰だよ、管理人さんのやる気を削いだアフォは.....

ふざけやがって、漏れの投稿もまとめてお釈迦っつう、責任を取れヨ
と、まったりとしながらも煮えたぎる心です。(ウソです)




|,,∧   ウソっだからね
|Д゚彡
| U
| ミ    ・・・・・・・・
| U
    みんなでつくるべきDelWikiの管理人を怒らせて
    潰すのは犯罪行為に等しいですよね。

     ・・・・・・・・

    なんて思ってませんよ。


なんか犯罪を見つめるところが
よく運送会社トラックに貼ってある、目線が書いてあるステッカーみたいだな。
あれ、趣味悪い。

さて、そういう紆余曲折があったので
『共同編集していく人同士が編集作業中に
嫌になって記事を書かなくなっていってしまう。』
そういう面からは、一応、自分の場所を作ることで開放されました。


Wikiを管理、実行していっている方は本当にすごいと思うっすよ。
そやけど、もう自分は協力は出来なさそうです。
自分トコロでやることにしてます。

編集作業のぶつかりが、嫌になってそれをしなくなってしまう。
というよりは、ぶつからないところ、自分の自由になる場所を作って
それをし続ける。そっちの方が生産的で自分の折り合いがつきました。


さて、、、そんなAboutDelphiのTips投稿に明け暮れたのも
もう8年とか10年とかも前の話じゃないかなあ。
時のたつのは早いもので。
8年前に8年後の事を想像もしてなかったですが....

まあ、Delphiも滅びるとか言われながら
あと10年とか、普通に使われていくんじゃないっすかね...
自分が普通に使っていればいいことだし。

そういうわけで記事投稿する場所が漏れにはあるので
別にゲンナリはしない日々ですが


タイトルのげんなり、、に戻ります。

AboutDelphiの投稿部分にはこのように書かれてます。

"質問を書きこむ場所ではありません。お間違い無く。"

きっちりと。


ですが、AboutDelphi新着記事の所、みてください。

遙かに以前の投稿だけど、
質問と間違ってTips投稿になっているのが何件、あるんだよ!

それでもって管理者不在でそれが削除もされない。
こういうのはとっても楽しくないです。

場末の酒場みたいな感じがして、萎える。


  ∧,,∧l||l   
  ミ,,  彡 
 ミ   ∪  鬱
 ミ@,, ミ
  ∪ ∪



さて、TipsやQ&Aの収集に余念がない私なので
AboutDelphiのテクニックは『Delphi Tips すべて
これで閲覧することにします。
CGIでもこうやってHTML化すれば保存できるな。

AboutDelphiのテクニックは集団で集まって、300件Overのテクニックの投稿ですか。
同様に、FDELPHI FAQも300件弱、
その件数は、個人的に超えますよ。

別に集団 対 個人、、ってのを目指すわけじゃないですが

それくらいの数を、とりあえずの目標につっぱしりますかね。

…あ、、、FDELPHI サンプル蔵は1400件Overだ
 それは...........無理かなぁ.........

DelFusa Libraryには、相当ぎょーさん、詰めまくってるので
そこあたりでご勘弁を頂きますかしら。
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://delfusa.blog65.fc2.com/tb.php/111-1735d5ad

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。