DelFusa Blog 総本山

プログラミングの話題とかです。

NEW | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

SorceforgeでCVSがつながらない....

タイトル通りなのですが

なぜか、接続できません、困りました。


ソース公開するのにどうしてこんなに
苦労しなければいけないものか、、、

ジオシティーあたりで公開した方がよっぽど楽です。


いまいっそう、LinuxとかCVSとか嫌いになりそう。


CVSそのものはコマンドラインで
使う気に全くならないので
WinCVSを導入して少し使ってみましたが
これでも、全体的にやはり使いにくい。よくわからない。つながらない。

仕事では、JavaとEclipseとCVSを使う部署にいて
ちょっと触ることがあるのですが
どーーにも、いらつくくらい使いにくい代物。

エントロピーが増大するってヤツですよね。
『複雑なものを複雑に扱うように作られた』システムです。これ。


比較してBorland製品、まあ、MS製品もですが
『複雑なものをシンプルに使えるように作られた』システムです。

こっちの方が、実際は作るのはとても難しいんですよ。
そこを、私はすごく評価しています。
まあ、最近はBorland製品の品質の悪さには確かに
閉口する時はなきにしもあらずですが、
(しかも、誰もがMS製品に比べてしまう)
それでも、もっとも重要なところでの価値は失われてないです。。


世間の人の一部の評価とは違うかもしれません。
小難しい事を、小難しくコネクリ回して喜んでいるアフォは
この業界に結構大勢、存在しています。

Win標準のテープバックアップ装置しかり、
VERITAS BackupEXECしかり、
ARC Serveしかり、
Win標準のイベントログしかり、

技術者しか使わないようなサーバー系ソフトなんて
ほんと、UserInterfaceがひどい
CVSも、使い勝手悪い。

どうしてこんなソフトウェアが、世間ではシェアが増えてたりするのかしら。

もっと使いやすいソフトが、普及する
普通の世の中になってほしいものです。

スポンサーサイト

| 未分類 | 21:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://delfusa.blog65.fc2.com/tb.php/11-74bff51c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。